SKYTIME BLOG!!

・・・よ〜わからんっ!
<< デッカードブラスター製作記 44 元は水鉄砲だったの忘れてた(まとめ)。 | TOP | プラモ日記 208 ブロッケード・ランナー、来た! >>
久々の中洲(空の色・キャバリーノ・ハーツフィールド)


昨日はお客さまと打ち合わせから
赤坂で食事の後に中洲が見えるバー「空の色」へ。
静かで良い感じでした。

 

 

その後お別れし、キャバリーノへ。

 

 

マスターもお元気そうで何よりです。
メニューの制作をお願いいただきました。
ありがとうございます!

 

 

そして、酔い覚ましに歩いて国体道路まで行くと
ハーツフィールドの看板が灯っていたので
少しベロベロですがお伺い。

 

 

マスターと(笑)。
オーディオの話で盛り上がりました。

 

 

マスター、昔持ってた売る寸前のオーディオたちです。
dbxノイズリダクション、エキスパンダとTEACのデッキ2台は写ってませんでした。

M&Kのスピーカ、TORIOのチューナ(7連バリコンだったかな)、
京セラのCDプレーヤ、その奥に写っているゴールドのはマランツのモノアンプ×2、
OTTOのスピーカ、車用のバズーカ、パイオニアのタイマー、
水色の丸いのはターンテーブルに載せるセラミックの板、

 

 

マイクロのレコードプレイヤ、SME3009、SAEC(型番忘れた)、
ディスクコンタクトのポンプで真空にして
レコードとターンテーブルを圧着するゴムプレート
オーテクか何かの重り。

 

 

アムクロンのプリアンプとナカミチのカセットデッキ(LX-5)、
テクニクスのFMの電波をなにか良くする?ヤツ(だったかな)、

 

 

他にも数本の針とシェルとかゴチャゴチャ積み上げてました。
当時はデジカメが出始めた頃だと思うのですが、
これは写ルンですか何かの「銀塩カメラ」で撮ったものなので
写りが非常に悪いです。必死で画質調整しました。

 

いやしかし、メッチャ懐かしいです。
あ、今はちっちゃな真空管アンプとスピーカーですが(笑)。

 

 

【納期情報:12/19発売商品】音楽の友社 朗音!真空管アンプの愉悦 特別付録:ラックスマン製真空管ハイブリッドプリメインアンプキット ontomo mook

価格:16,200円
(2018/11/17 21:49時点)
感想(0件)

21:50 | オーディオ | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック