SKYTIME BLOG!!

・・・よ〜わからんっ!
<< アナログレコード 13 ruby records ltd. Cruisin’1966 ORIGINAL ARTISTS | TOP | デス・スター2 建造計画 2 スリットの溝を深くしてみる。 >>
STAX SRM-300の分解清掃。

 

今日は近所をセガレとドライブだった@おざさです。


ということで。


少し前にオーディオ棚の位置替えをした時に外して
掃除をしようと思っておいた縦型のドライバーアンプ
STAX SRM-300を分解・清掃しようと思い・・・


を分解しようと工具を用意したらあらまぁ!!
「トルクスネジ」という、六角レンチが星型になったような
特殊なネジで締まっていました。
あわてて買いに行きさっさと分解です。まさかトルクスネジとは(汗w)。


左側の外板が外れました。ネジ4つ。基板の裏が現れます。


右側の外板が外れました、ネジ4つ。基盤の表が現れましたが
ほとんど汚れがありませんでした。
あまり触らない方が良いので、ブロワーで軽くひと吹きして閉めました。


専用のイヤースピーカーの細かいホコリ取りです。
STAXは「ヘッドホン」ではなく「イヤースピーカー」と言います。
何故かと言うと「スピーカーで聴いてるような感じに鳴る」からです。
これはいつものkeiichi(笑)からいただいた入門機ですが、
初めて聞いた時、セレクターをQUADに間違えたかな?と思って
セレクターを確認しちゃいました(笑)。それぐらいイイ感じです。
慣れるまでは大音量で聴いていないかヒヤヒヤして
イヤースピーカーを頭から付けたり外したりして音の出処を確認してました。
とても軽く自然にフィットするので忘れちゃうんですよね。
耳パッドの中の茶色いスポンジがボロボロになっていたので
軽く歯ブラシで崩して掃除機で吸い取り、掃除完了!


さて、今回の配線は入力のみということで簡単ですが
電源の取り回しに苦労して肩を痛めました。
格好つけてオールガラスの棚にしたものだから簡単に動かせないんです(笑)。
さて、CDデッキとイコライザーとSTAXのみで鳴らします。


あ〜、軽くてやっぱ良いっす、STAX。今日はヘンドフォ・・・
いや・・・イヤースピーカーを酒でも呑みながら味わうとしましょう。

STAX スタックス イヤースピーカー SR-L300

価格:37,800円
(2019/4/27 21:03時点)
感想(0件)

STAX SR-L300 イヤースピーカー単体 スタックス SRL300

価格:38,880円
(2019/4/27 21:04時点)
感想(0件)

21:05 | オーディオ | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック