SKYTIME BLOG!!

・・・よ〜わからんっ!
<< セナの映画宣伝と公開生放送&中嶋監督トークショー | TOP | ラジコンダラダラ制作記2(フロント足回り完成) >>
ラジコンダラダラ制作記の始まり(フロント足回り)
 え〜、とりあえずラジコンをダラダラと作り始めましょうということで・・・


1回目です。

toshiya、こんな楽しみをありがとう!嬉しゅうございます。感謝。


このようなラジコンはウン十年ぶりなのでゆっくり確実に作って行きます。

仕事の都合や金銭的問題で中断するかもです。

でもこれには強烈な思い入れがありますので完成させます。

なので、慌てさせないでください、ゆっくりと作って行きます。


ということで、地味にはじまりはじまり〜〜〜!


とりあえず製品の紹介を・・・

カワダというメーカーの「M-300GT」です。


http://www.kawadamodel.co.jp/




箱を開け、プラモとはちょっと違った一包みを出します。



若干部品番号はあるけどどれがどれだか・・・



設計図はフロントの足回りから。



ロアアームを組む。これがちょっと厄介だった。

アームの先に付いている白いボールをパチンとはめるのだが、

はまった後の動きが超硬い。オイルを刺しても動かない。

無理矢理外して目が細かいペーパーではまっても外れないぐらいに

ゆっくりと削ってやる。#400のペーパーで、なでるようにボールを削る。

何回かはめたり外したりを繰り返し、

やっと素直にフレキシブルに動いてくれるようになった。指が痛い。


外れやすくなったらアウトなので、削りすぎない事!


多分、ここの動きが硬いとサスの動きに物凄く影響しそう。

こんな高度なラジコンは初めてだけど、なんとなくわかる。



アッパーアームに芋ネジの長いのをねじ込む。

「まっすぐにねじ込みましょう」って・・・むずかしいやん!

左右、長さを合わせながらゆっくりとねじ込む。完了。

その先にアッパーの「受け」をまたねじ込む。

左右ともねじ込み具合によって長さが変わるので要注意!



アッパーのボールは左右とも軽快な動き。問題無い。

ロアーには泣かされた。しかし・・・


アッパーアームの軸が硬く、その上ブレを無くす為のシムを入れると

キツくてスムーズではない(背景の図面でわかるかな?小ちゃなパーツ)。

アームは下にコトンと落ちなければならないんでない?

ここも動きが良くないと、ダメなんでないかい?

それもアームの前側と後ろ側でシムの厚さが0.5mm違う。

この厚さの違いで左右のキャスター角が変わる。


か〜〜っ!ラジコンでこんなにシビアなセッティングなの〜〜〜?


ということでオイルを刺してもダメなので、

プラのシムを金属のワッシャーに変えてみようという事になったが手元にないやん。


ということで、今日はおしまい。


ま、こんな感じで進んでいきます。次の更新は何時になる事やら・・・

02:34 | ラジコン | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
コメント
ラジコン製作記1回目おめでとうございます。
今のラジコンって、こんなに部品点数多いんだ〜知らなかった。
昔は(中学の頃)シャーシにビス止めでちゃちゃっと造れていたのに。
当時のアホな私は、軽量化〜ってシャーシに穴開け過ぎて、剛性の無い たらんたらん のフレームにしてしまい、すげ〜ショックでした。(笑)
2010/10/13 8:58 PM by
toshiya>
と、とりあえず素組みでいくよ。シャシーがカーボンやしね。
一応、パーツの見える部分のパーティングラインは
削って綺麗にしてやってから組んでいます。
なんか気持ち空気抵抗が減りそうやから・・・

しかし始めたとたん、仕事が入って・・・
2010/10/13 9:21 PM by GON
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://skytimegon.jugem.jp/trackback/59
トラックバック